2010年10月18日

後衛直斥候受け

後衛で直。対面はnizさん。最強の一角ですね。
戦闘も内政も高レベルで、隙はあんまりありません。
何故か対面が多い人です。たいていはひどい目にあってます。


虎猫後衛直 対面にず - 05-8-2009 21`13`01.zip


前衛がりんくさんで後衛直。速攻してくれたので流れる心配はあまりしていません。
チャットを前線忙しすぎてスルーしてるのはやばいですね。


相手は斥候での返し。自分のタイプの直は槍が自陣なので、このタイプの返しは地味に怖いです。
ですんで射手鎧したりやり追加したりしています。


が、結局返されています。救いはノーダメではなかったことくらいかな。
そこそこ数を減らせたのもよかったです。


城主は相手がガチ騎士だったので長槍を研究。前線は壊されましたが槍は数を出しており、相手の進路を予測して、前衛や自陣の防御に回ってます。


勝負を分けたのは相手が乾坤一擲の騎士ラムをかわしたところですね。
長槍爺をためていた甲斐があり、なんとか凌ぎきりました。


そこですかさず、りんくさんの指示。これにしたがって後はイーグル祭り。
凶悪なメンツで点TOPで終わってます。
posted by 鵜 一文字 at 23:00| Comment(0) | AOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

後衛直のときの前衛弓

対面は釈迦さん。ですが今回はさっくりぬいてます。


虎猫前衛 対面釈迦 - 11-6-2009 21`09`16.zip


前衛で弓。他の相手なら散兵にするところですが、釈迦さんが相手の時は弓です。
散兵ではどうしてもぐだぐだになるため、釈迦さん相手にそれをすると泥沼の底なし沼に引き込まれてボロ負けする可能性がかなり高くなります。


したがって、そのような相手には自分の土俵で戦ってもらわなければなりません。


今回は五分のところを後衛ろーまさんがうまい直で前衛の援護をしてくれて、勝負がついてます。
視界の確保、塔の位置等自分もそれなりに検討してますが、一度リプを見た後にろーまさん視点でみると参考になるかもしれません。
posted by 鵜 一文字 at 12:17| Comment(0) | AOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

直返し弓

記念すべき記事100個目。いつも見ていただきありがとう御座います。


そういうわけではないですが、今回の対面は百式さん。
軍兵のプレイヤーです。苦手なほうですね。


虎猫後衛直 対面百式 - 15-8-2009 23`26`03.zip


後衛で直の予定でしたが自陣で受けています。相手が直とわかっている場合、普通は散兵で受けますが、こういう弓で返す方法も悪くありません。


これでは相手が見つかるのが遅いため、ゆっくりとした領主となっていますが相手が直と早めにわかった場合には派遣せずに早弓で領主にあがり、相手が兵士揃う前に農民を弓で狩ることができれば、速攻で返すことが可能です。南米向きの返しなのかな。斥候がないので。


その後は弓でカウンター。その後は展開次第と言う感じ。
結構有効だと思います。
posted by 鵜 一文字 at 11:28| Comment(0) | AOC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。